ARTICLES

2013.10.21恋愛

ちょっとした演出で男性の視線をひとり占め!?
心理カウンセラーに聞く魅惑のモテ脚の作り方

美脚の中でも、男性のハートをくすぐる"モテ脚"は、恋する女子の憧れ♡ それを手に入れる方法を、心理カウンセラー/カラーセラピストの花形まきこさんに聞きました!

「男性が女性の脚に求めるポイントは、大きく分けて2つあります。1つ目は、"メリハリ"。心理学的には、男性は流線型のものに異性を感じると言われています。自分自身がストレートで直線的な精神・肉体構造なので、その逆のアシンメトリーで曲線的なものに惹かれるのでしょう。統計上も、男性が女性の脚で好きな部位は、1位:柔らかそうな太もも、2位:引き締まった足首、という結果が出ています。2つ目は、"イマジネーション"。脚は、顔や胸ほどダイレクトには性的魅力と結びつかない、神秘性のあるパーツ。それだけに、いかに男性の想像力をかき立てるかということが重要になることに。この2つのポイントを意識するのが、モテ脚に近づく秘訣。続いて、具体的なテクニックをご紹介します。




立つ時は、脚をクロスして。長く美しく見えるだけでなく、脚を閉じることで神秘性が強調されます。座る時は、両膝を付けることを意識しましょう。そのまま斜めに脚を揃え、つま先まで伸ばすと、スラリとした印象に。脚を組む場合は、上に乗せた脚を軸足に寄せるとベター。これらのポーズは、アシンメトリーなイメージであると同時に、脚の筋肉を鍛えることにもつながります。
靴は、スニーカーやローファーよりヒールのパンプスのほうがモテ度は高め。甲が曲線的なラインを描く上、足首も引き締まり、脚を流線型に見せられます。ボトムは、パンツよりスカートのほうが女性らしさをアピールしやすいでしょう。オススメは、ソフトな膝丈のプリーツスカートやフレアスカート。歩いたり脚を組んだりして裾が揺れる時に、男性のイマジネーションが広がります。パンツの時は、①のポーズを積極的に取り入れて。
ボトムやレッグアイテムなどで取り入れるのにイチオシのカラーは、パープル。赤と青という対照的な色を混ぜ合わせた複雑で微妙な色だけに、不安定要素があり、男性の守護本能を刺激します。オフィスではグレーやネイビーのトップスに青紫のスカートを合わせたり、休日にはピンクやベージュのトップスに赤紫のタイツを合わせたり。おしゃれで幅広いコーディネートが楽しめるのも、パープルのいいところだと思います。

脚にコンプレックスがあり、『モテ脚になるなんてムリ!』と思う人もいるかもしれません。でも、実は男性にとっては、脚の長さや太さはそれほど重要ではないもの。短所を隠すのではなく、長所をアピールするように心がけてみてください。例えば『ももやふくらはぎは太いけれど、足首だけは細い』なら、レギンス+アンクレットで足首を目立たせる......というように。誰でもちょっとした自己演出で、モテ脚を手に入れることができますよ!」

難しそうに思えたモテ脚作りだけれど、今日からすぐに取り入れられるヒントがいっぱい。早速、自分の脚に合う方法を試してみて!



花形まきこ
心理カウンセラー/カラーセラピスト
(株)BALIO TOTAL FACILITATE代表取締役
NPO法人日本カラーアートセラピー協会 理事長
一般社団法人日本メイクカラーカウンセリング協会 理事
"色"をテーマに"心"のバランスをプロデュースするセラピストとして活躍中。
http://time-line.jp/wp/SPECIALIST/hanagatamakiko